CULTURE 音楽文化事業

音楽文化への取り組み

三木楽器では190年を超える歴史の中で、常に音楽文化の普及に取り組んできました。
その姿勢は現在も変わらず、音楽イベントの開催や、新たなトレンドの創出に日々取り組んでいます。
ここでは、そんな音楽文化への取り組みをご紹介いたします。

EVENT音楽イベントの開催

軽音楽系クラブコンテスト
We are Sneaker Ages

高校・中学校の軽音楽系クラブコンテスト「We are Sneaker Ages」は、学校長の承認を得た軽音楽部対抗の大会として、1979年より開催しています。
現在は関西・関東・沖縄・北海道・東北の5エリアにて展開。軽音楽の甲子園であるこの大会を通じて、参加校はそれぞれの「日本一の青春」を目指します。

大会公式サイトはこちら

QUEST音楽の探求と創造

音楽の「すごい」「おもしろい」を追求する音楽研究所
MIKIミュージック・ラボ

うめきた・グランフロント大阪、ナレッジキャピタル2Fの「The Lab. みんなで世界一研究所」に、施設オープン当初より出展。

次世代機器の展示や、視聴者参加型の音楽イベントを実施するなかで、次世代の音楽文化を創出していきます。

詳しい活動内容はこちら

過去の活動はこちら

MANAGEMENTアーティストマネジメント

シンガーソングライター
西浦達雄

夏の甲子園・ABC朝日放送全国高校野球選手権大会テレビ中継のエンディングテーマを、1987年から2014年まで18年間歌い続けたシンガーソングライター。
代表曲に「瞬間(とき)」「手の中の青春」があるほか、「We are Sneaker Ages」でのゲスト出演・MIKIミュージックサロン講師として、後進の育成も手がけています。

公式サイトはこちら

Rakuten LIVEライバー

個人がパフォーマンスを表現する場は、劇場、路上、SNSと変化していく中で、その最先端といえるのがライブ配信アプリ。そんな配信アプリを使い、自身の得意分野でジャンルレスに自己表現をするパフォーマーをライバーと呼びます。
Rakuten LIVE(楽天ライブ)と提携し、Rakuten LIVEをプラットフォームにするライバーのマネジメントを行っております。