CULTURE 音楽文化事業

音楽文化への取り組み

三木楽器では190年を超える歴史の中で、常に音楽文化の普及に取り組んできました。
その姿勢は現在も変わらず、音楽イベントの開催や、新たなトレンドの創出に日々取り組んでいます。
ここでは、そんな音楽文化への取り組みをご紹介いたします。

EVENT音楽イベントの開催

軽音楽系クラブコンテスト
We are Sneaker Ages

学校長の承認を得た軽音楽部対抗の大会として関西で1979年より開催している「高校・中学校 軽音楽系クラブコンテスト We are Sneaker Ages」は、関東、沖縄、北海道、東北の順に開催エリアを広げ、2021年度大会より 名称を「全国高校 軽音楽部大会 We are Sneaker Ages」とし、高校軽音楽部の全国大会として多くの軽音楽部さんが目標とするステージを創ります。

軽音楽を選んだ学生の皆さん一人一人の物語が、演奏とともに伝わる大会です。

大会公式サイトはこちら

QUEST音楽の探求と創造

音楽の「すごい」「おもしろい」を追求する音楽研究所
MIKIミュージック・ラボ

うめきた・グランフロント大阪、ナレッジキャピタル2Fの「The Lab. みんなで世界一研究所」に、施設オープン当初より出展。

次世代機器の展示や、視聴者参加型の音楽イベントを実施するなかで、次世代の音楽文化を創出していきます。

詳しい活動内容はこちら

MANAGEMENTアーティストマネジメント

シンガーソングライター
西浦達雄

夏の甲子園・ABC朝日放送全国高校野球選手権大会テレビ中継のエンディングテーマを、1987年から2014年まで18年間歌い続けたシンガーソングライター。
代表曲に「瞬間(とき)」「手の中の青春」があるほか、「We are Sneaker Ages」でのゲスト出演・MIKIミュージックサロン講師として、後進の育成も手がけています。

公式サイトはこちら

ライバー

三木楽器 ライバー

個人がパフォーマンスを表現する場は、劇場、路上、SNSと変化していく中で、その最先端といえるのがライブ配信アプリ。そんな配信アプリを使い、自身の得意分野でジャンルレスに自己表現をするパフォーマーをライバーと呼びます。
miki music miraiでは、各ライブ配信プラットフォームと提携しており、専属ライバーとして活躍していただけます。我こそは!と思った皆さん、一緒に夢を実現しませんか?

公式サイトはこちら