検索
商品情報

Serato DJ Liteから、Serato DJ Proへアップグレードすると何が変わる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では、Serato DJ LiteSerato DJ Pro違いや、購入方法をご紹介しています!
LiteからProへのアップグレードを検討されている方はぜひご参照ください。

Serato DJ Proとは??

「Seraro DJ」は、世界中でもっともスタンダードなプロフェッショナルDJソフトウェアで、2018年に「Serato DJ Pro」として生まれ変わりました。
圧倒的シェアを誇り、世界のさまざまなDJやアーティストが使用しているDJソフトウェアです。

『Serato DJ Lite』と『Serato DJ Pro』について


Serato DJ Lite
Serato DJ Proの機能制限バージョンとなっており、非常にシンプルな機能と見た目をしているので、初心者におすすめなソフトウェアとなっています。
■Serato DJ Lite対応 DJコントローラー一覧(Serato オフィシャルサイト)
※ソフトウェアの最新の動作環境については、メーカーサイトなどをご覧ください


Serato DJ Pro
直感的な操作とソフトウェアの安定性への信頼が高く、多くのプロフェッショナルDJに支持されており、世界的に最も人気のあるDJソフトウェアです。
■Serato DJ Pro対応 DJコントローラー一覧(Serato オフィシャルサイト)
■Serato DJ Pro対応 DJミキサー&インターフェース一覧(Serato オフィシャルサイト)

※ソフトウェアの最新の動作環境については、メーカーサイトなどをご覧ください。

『Serato DJ Pro』と『Serato DJ Lite』の違い

対応ハードウェアについて

Serato DJ Lite
初心者向けのDJコントローラーに対応しています。
Serato DJ Lite対応のコントローラをPCと接続するだけで使用することができます。

Serato DJ Lite対応のコントローラをSerato DJ Proで使用したい場合は、Serato DJ Proの有償のライセンスの購入が必要です。
ライセンスの購入方法について>>>

■Serato DJ Lite対応 DJコントローラー一覧(Serato オフィシャルサイト)
※ソフトウェアの最新の動作環境については、メーカーサイトなどをご覧ください。

Serato DJ Pro
様々なDJコントローラーやDJミキサー、専用のオーディオインターフェースに対応しています。

Serato DJ Pro対応のコントローラーは、Serato DJ Proの有償のライセンスを購入しなくてもPCと接続するだけで使用することができます。

■Serato DJ Pro対応 DJコントローラー一覧(Serato オフィシャルサイト)
■Serato DJ Pro対応 DJミキサー&インターフェース一覧(Serato オフィシャルサイト)

※ソフトウェアの最新の動作環境については、メーカーサイトなどをご覧ください。

Serato DJ Proの有償のライセンスとは
Serato DJ LiteとSerato DJ Proはどちらも無料でインストールしていただけるDJソフトウェアですが、Serato DJ Lite対応のDJコントローラーをSerato DJ Proで使用したい場合には、Serato DJ Proの有償のライセンスにアップグレード(ライセンスの購入)をする必要があります。

ライセンスのアップグレート方法について>>>


機能の比較
内臓機能
FXベーシックプロ
Syncベーシックプロ
キューポイント
サンプラー32
ミックス録音
Day Mode
MIDI
キー解析
スライサー
ビートジャンプ
Quantize(クォンタイズ)
Slipモード
エクスパンション・パック
エクスパンション・パックについて>>>

Serato DJ Pro の魅力


ミックスの録音機能

Serato DJ ProでプレイしたDJ ミックスを録音することができるようになります。録音したミックスはPC内に保存されるので、自分のDJプレイを聴き直したりすることができます。
DJミックスをアップするのに便利なMixcloudなどを活用すれば、自分のDJ ミックスを世界中の人に聴いてもらうこともできます。


使用できるエフェクトの追加

Serato DJ Liteで使用できるエフェクトは6種類のみでしたが、Serato DJ Proではそれらを加えた10種類以上のエフェクトが使用可能になります。
また、エクスパンション・パックを追加購入することで、エフェクトの種類を更に増やすこともできます。


CUEポイント、サンプルスロットの追加

Serato DJ LiteではCueポイントを4つまでしか設定することができませんでしたが、Serato DJ Proでは8つまでの設定することが可能です。
また、HOT CUEはそれぞれのポイントに名前をつけることも可能です。
サンプルスロットも、4個から32個(8×4バンク)に増えます。


DJプレイの幅を広げる様々な機能が解禁

ビートジャンプスライサースリップモードなど、創造性の高いDJプレイを可能にさせる機能が解放されます。
また、楽曲を取り込んだ際に楽曲のキーを解析する機能も追加されます。


エクスパンション・パックでSerato DJ Proの機能を更に拡張!

エクスパンション・パックを追加購入すれば、エフェクト種類の追加、DVSやVJプレイなど、様々な機能を拡張させることも出来ます。
※ソフトウェアの最新の動作環境については、メーカーサイトなどをご覧ください。

・Serato Play (Liteでもご利用いただけます)
・Serato Video
・Serato Pitch ‘n Time DJ
・Serato DVS
・Serato Flip
・Serato FX

Serato DJ Lite対応コントローラをSerato DJ Proで使うには?

Serato DJ LiteSerato DJ Proはどちらも無料でインストールしていただけるDJソフトウェアですが、Serato DJ Lite対応のDJコントローラーをSerato DJ Proで使用したい場合には、Serato DJ Proの有償のライセンスにアップグレード(ライセンスの購入)をする必要があります。

アップグレードの方法には大きく分けて2種類あり、ウェブ通販サイトや店舗でライセンスコードを購入する、またはserato オフィシャルサイトで購入する方法があります。
serato オフィシャルサイトはほとんどが英語表記での案内であるのと決済方法が限定されているため、わかりにくいという方や現金で購入したいなどという方は、ウェブ通販サイトや店舗でライセンスコードを購入することをおすすめします。

Serato DJ Pro
(ライセンスコード メール納品)
16,500円(税込)




■Serato DJ Lite対応 DJコントローラー一覧(Serato オフィシャルサイト)
■Serato DJ Pro対応 DJコントローラー一覧(Serato オフィシャルサイト)
■Serato DJ Pro対応 DJミキサー&インターフェース一覧(Serato オフィシャルサイト)

とりあえず、Serato DJ Proの14日間無料トライアルを試してみる

アップグレードするか悩むなぁ・・・という方は、14日間無料でSerato DJ Proが利用できる嬉しいお試し期間があります。

ステップ1 Serato DJ Pro のインストール

まずは、Serato オフィシャルサイトにて、Serato DJ Proをダウンロードしましょう。
※ダウンロードにはserato.comユーザー・アカウント登録(無料)が必要です。
※ソフトウェアは無料でダウンロードいただけます。
※ソフトウェアの最新の動作環境については、メーカーサイトなどをご覧ください。


ステップ2 コントローラーを接続して、Serato DJ Proを開く

Serato DJ Proのインストールが終了したら、Serato DJ Lite対応のコントローラーが接続されていることを確認して、Srato DJ Proを開きましょう。


ステップ3 ユーザー・アカウントにログイン

Serato DJ Proを開いて、画面右上の人型のアイコン(My Account)をクリックし[Login]を選択します。

[Login]をクリックするとブラウザが自動的に起動しserato.comのサインイン画面が表示されます。
アカウント情報を入力して[Sign in]をクリックする、または画像のように現在サインインしているユーザーが正しいかどうかを確認する画面が表示されますので、[Continue]をクリックするか、「Change user」をクリックして別のserato.comアカウントに変更してください。

画面が切り替わったら、[Serato DJ Proを開く]をクリックしてブラウザ画面を閉じます。


ステップ4 無料トライアルを開始する

Serato DJ Proの画面に戻ってきたら、右下の通知ポップアップの[Start Trial]をクリックし無料トライアルを開始します。

トライアルを開始すると画面右下に通知が表示され、14日間のトライアルが残り何日間有効か示されます。 
通知の右上の小さい矢印をクリックすると通知を消すことができます。 バナーをクリックすると、通知を再表示できます。


トライアル期間の終了

14日間のトライアルが終了すると、[トライアルが終了しました]という通知が表示されます。
トライアル終了後はSerato DJ Proの有償のライセンスを購入いただくか、サブスクリプションプランに加入いただくと引き続きSerato DJ Proをご使用いただけます。

ライセンスコードを購入してSrato DJ Proへアップグレードする

ステップ1 ライセンスコードの購入

まずはSerato DJ Proのライセンスを購入して、ライセンスコードを用意しておきます。

Serato DJ Pro
(ライセンスコード メール納品)
16,500円(税込)





ステップ2 Serato DJ Pro のインストール

Serato オフィシャルサイトにて、Serato DJ Proをダウンロードしましょう。
※ダウンロードにはユーザー・アカウント登録(無料)が必要です。
※ソフトウェアは無料でダウンロードいただけます。
※ソフトウェアの最新の動作環境については、メーカーサイトなどをご覧ください。


ステップ3 ライセンスをアクティベートする

Serato DJ Proを開いて、画面右上の人型のアイコン(My Account)をクリックし[Enter License Code]を選択します。

[Enter License Code]をクリックするとブラウザが自動的に起動しserato.comのサインイン画面が表示されます。
アカウント情報を入力して[Sign in]をクリックする、または画像のように現在サインインしているユーザーが正しいかどうかを確認する画面が表示されますので、[Continue]をクリックするか、「Change user」をクリックして別のserato.comアカウントに変更してください。

サインインが完了すると、ライセンスコードを入力する画面に切り替わります。
[Serato product license code]の欄に、用意しておいたライセンスコードを入力して[Add]をクリックします。
これでアクティベートは終了です。


ステップ4 ライセンスをアクティベーションする

ブラウザを終了し、Serato DJ Proを開き、画面右上の人型のアイコン(My Account)をクリックし[Login]を選択します。

[Login]をクリックするとブラウザが自動的に起動しserato.comのサインイン画面が表示されます。
アカウント情報を入力して[Sign in]をクリックする、または画像のように現在サインインしているユーザーが正しいかどうかを確認する画面が表示されますので、[Continue]をクリックするか、「Change user」をクリックして別のserato.comアカウントに変更してください。

画面が切り替わり、[Serato DJ Proを開く]をクリックするとSerato DJ Ptoに自動的に戻ります。

Serato DJ Proに戻ると画面右下にライセンスが有効な状態であることを知らせるポップアップが表示されます。
アクティベーションが成功したことを確認し、[OK]をクリックしてポップアップを閉じます。

Serato DJ Lite/Proに関するお問い合わせ

Serato DJ Lite/Pro ソフトウェアに関するご相談はメーカー(Dirigennt-ディリゲント)ホームページからお問い合わせいただけます。
※製品の使用方法などに関するご相談にはユーザー登録が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る