商品情報

djay for iOSの最新バージョンがリリース。Version 3.6 December 09, 2020 ついでにdjay2から乗り換え!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2018年12月のリリース以来、幾度もバージョンアップを繰り返し、その都度画期的な新機能を実装して進化し続けているdjay3。
今回、最新のバージョン3.6が公開された事を機に久しぶりにdjayアプリを使用して見たので、そこで感じた嬉しい驚きを記載したいと思います。

Version 3.6での新機能とバグフィックス

  • [NEW] AIを利用したハンドトラッキングテクノロジーを使用したジェスチャコントロール / デバイスに触れることなく、手だけでFXをミックス、スクラッチを適用できます。
  • [NEW] クラシックモードでアクセス可能なジェスチャコントロールとミュージックビジュアライザーの表示。
  • [NEW] Deopbox、Googleドライブ、その他のサービスとファイル統合に追加しました。
  • [NEW] PionnerDJ FLX-6のコントロールをサポート。
  • [NEW] 独自のビデオ映像をビジュアライザーとして設定可能。
  • カメラロールからのビデオアスペクト比の改善。
  • オートミックスの開始/終了ポイントが適用されない場合がある問題を修正。
  • iOS14でAbleton LINKがピアを見つけられない問題を修正。
  • iOS12の空のiTunesライブラリを修正しました。
  • その他、様々なバグ修正と改善。

※ジェスチャコントロールには、iOS14とiPadPro 11インチ、iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)、またはiPad Air(第4世代以降)が必要です。

djay2ユーザーがdjay3を起動してみると

djay3がリリースされた直後にも動作確認をした経験があるのですが、その時の印象とは運嶺の差を感じることが出来たので簡単に紹介をさせて頂きます。

因みに、使用iOSデバイスには過去バージョンのdjay2がインストールされていました。

まず、以前はこの様な動作していたかな?と思わされると同時に、なんか得した!と感じさせられた瞬間がこちら。

djay2アプリをiOSデバイス上にインストールした状態でdjay3を起動させると、以前は表示されなかった?「無料アップグレード」なる案内画面が立ち上がる仕様。
以下の機能が開放される様です。(2020年1月現在)


・オートミックス。サンプラー。
・プレキューイング。レコーディング


(前回の操作からとても時間が開いているので、これは最初から!!という事でしたら、悪しからずご了承ください!)


早速ですが、無課金状態でどの様な操作ができるかワクワクです。

ほぼ初見の為、スタート画面が良くわからず、、、とりあえずTOPの×ボタンを、、、
そして、アプリの起動後に感じた印象は、、、シンプルでかっこいい!

見覚えのある2Deckビュー!!
djay2とほとんど変わらないけど、デザインが今までよりもシンプルに(今っぽい)。
パッと見ですぐに操作ができそうな印象です。

↓こちらがdjay2の2Deckビュー。
見比べてみると、ミュージックライブラリの呼び出ボタンやターンテーブル周りのボタン配置がごちゃごちゃしていたんだなと。。
djay3のUIの方がパッとみで見易く、DJプレイに必要なボタン配置がうまく纏められている印象です。

因みに、最初のスタート画面に表示されるバナーについては、
どうやらdjay2には搭載されていなかった全く新しい機能の呼び出ボタンとなってました。これらの新機能については、別途アプリ内課金制となっていたので、機会があれば追って紹介したいと思います。
今回は、あくまでdjay2ユーザーがそのままdjsy3に乗り換えた場合の紹介をさせて頂きます。

途中、課金が必要な機能を呼び出そうとすると、分かりやすい機能説明バナーが立ち上がる仕様になっていました。

例)LOOPER機能を呼び出そうとした時の表示

とりあえず、すぐにDJプレイができる!

なんと、DEMO曲がプリインストールされていました。
丁度動作確認用のiOSデバイスに曲データが入っておらず、どうしようかと思っていたところ、これも大変嬉しい情報でした。初めてDJアプリを使用される方にもとても親切ですね。
とにかく、DJプレイを楽しもう!というアプリメーカーの心意気を感じます。

djay3は10ミュージックファイル/サービスにアクセスできる!

また、驚く事にdjay3が対応するミュージックライブラリの種類が多い!!
iOSミュージックアプリ、TIDAL、Soundcloud、Beatport、Beatsource、※Spotify、デモ曲、ビデオ、iOSファイル、マイライブラリ、以上の10ファイルへのアクセスが可能とは!?
djay2がiOSミュージックアプリ、※Spotyfyの2ファイルだったので、この差は歴然です。。

※Spotyfyについては2020年7月1日をもって、djayアプリシリーズとの動作互換が終了致しました。

djay2に搭載されていた各種機能は実装されている様子

一通りdjay3をプレイして見て、djay2同様にDJプレイが普通に出来る仕様でした。
djay2ユーザーという事もあり若干の優遇が得られたとはいえ、無課金で最新のDJアプリができる事に感無量です。
プレイ時のスクショもご覧ください。

初めてのDJプレイも安心のチュートリアル機能が2種類

興味があるけど、何をすればDJなの!!??と疑問を感じているビギナーの方に向けた機能の紹介です。
djay3には、アプリ本体を操作するチュートリアルと、Youtube動画でDJ操作を学べる専用HPが用意されていました。
内容はシンプルでしたが、基本の流れがうまくレクチャーされていたので、トライするにあたってはとても参考になると思います。

この記事を読んでDJに興味が湧いた方、djay3への移行に慎重になっているdjay2ユーザーの方は、是非この機会に最新のDJアプリに触れて見て下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る