商品情報

ジャンルの壁を「ブチ壊す」!! rekordbox & Serato DJ Pro両対応「DDJ-FLX6」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全世界のDJ業界でトップシェアを誇るPioneerDJから新たなDJコントローラ、「DDJ-FLX6」が発表されました。4CHデッキミキサーを搭載し、新機能として「MERGE FX」を搭載、またrekordboxとSerato DJ Pro両対応というオイシイ要素も加わった7万円台のコントローラです。
この記事では、その最新DJコントローラの魅力についてご紹介していきます。

DDJ-FLX6とは??

Flex Your Boundaries

新たに搭載された「MERGE FX」機能により、ミックスが難しい全く異なるジャンル、BPM、KEYの楽曲同士でも、ダイナミックなミックスを実現します。またJOG CUTTER機能を使えば、JOGの回転方向を切り替えるだけでまるでプロがパフォーマンスしているようなスクラッチ音を奏で、楽曲にアクセントを加えることができます。さらに、CDJ-3000と同じサイズの大型ジョグを搭載しているので、ピッチベンドやスクラッチ操作がスムースに行えます。

PioneerDJ DDJ-FLX6 商品ページより

これまでDDJシリーズといえば、大人気モデル「DDJ-400」をはじめとした様々な機種が発表されており、機能が充実したハイエンドモデルから初心者向け、iOS対応モデルなどユーザーに合ったDJコントローラがリリースされています。
また、対応するDJソフト毎にもシリーズ分けされており、rekordbox対応モデルはナンバリング、Serato DJ Pro/Lite対応モデルは「S」が付く名前で展開されていたりなどがありますが、そんな中で発表された「DDJ-FLX6」は今までの法則を覆したかのようなモデルネームとなっております。ちなみに、PioneerDJ公式曰く「FLX6」は“フレックス・シックス”と読むそうです。

Pioneer DJ
DDJ-FLX6

66,000円(税別)





本体サイズ/レイアウト

まずはDDJ-FLX6の本体サイズから見ていきましょう。幅676mm、奥行き345.7mmと、4CHDJコントローラとだけあって面積はやや大きめです。ですが、見かけによらず本体は比較的軽めとなっており、重量は3.8kg。同じ4CHDJコントローラである「DDJ-1000」、「DDJ-1000SRT」が6kgだったのに対し、約2kgも軽くなっているんですね!

DDJ-1000SRTと比べてみましょう。サイズ感こそ似てますが、DDJ-FLX6の方が一回り小さいのが分かります。


●DDJ-1000/DDJ-1000SRT サイズ

708 mm
高さ73.4 mm
奥行き361.4 mm
本体質量6 kg

デッキセクションのジョグホイールは206 mm。CDJ最新作「CDJ-3000」とほぼ同等サイズのジョグを採用しています。クラブ標準機材と似た環境でDJプレイができるのは嬉しいポイントです。

なお、DDJ-FLX6のジョグはタッチセンサ式のものを採用しており、CDJ-3000、及びDDJ-1000/DDJ-1000SRTなどで搭載されている加圧式のジョグホイールでない点はご注意ください。

ミキサーセクションはこちら。4デッキ分のチャンネルが用意されており、4CHのみデッキ4からサンプラーへの切り替えができるスイッチが付いています。
※外部デバイスからの入力はありません。

エフェクターも右側に配置されていますが、従来のコントローラと仕様が一部変わっており、エフェクトの選択、及びCHセレクトはボタンを押して選択するシステムです。ただし、このFX SELECTは各チャンネルのFXスロット1〜3に設定されているエフェクトを選択するものであり、エフェクトの種類の変更は出来ないようです。惜しい。

ジャンルの壁を「ブチ壊す」。MERGE FX

DDJ-FLX6の一番の特徴となる「MERGE FX」は、冒頭にも述べているように“ジャンルの壁を「ブチ壊す」”ものとなっております。MERGE FXは、各デッキセクションの右上に配置されており、大きいノブと切り替えボタンで構成されています。このMERGE FXを有効にすると、デッキで再生中の曲に対して、エフェクトとサンプル音(音ネタ)を同時にコントロールさせることが出来るのです。また、MERGE FXを使った後は、曲が自動的にフェードアウトしていくので、DJ Mixをする際に異なるジャンルの楽曲でも違和感なく、寧ろよりカッコよく次の曲に繋げることが出来ます。

  1. MERGE FXのボタンで組み合わせのナンバーを選択。
  2. 曲の再生中にボタン式のノブをワンプッシュ。青ライトが点滅したらMERGE FXが有効になります。
  3. 左右にノブを回すと、エフェクトとサンプラーが同時に発動!回せば回すほど細かく効いていきます。
  4. 楽曲の良きトコロでノブをもう一度プッシュし、MERGE FXをOFF。するとエフェクトが掛かり、曲が自動的にフェードアウトします。
  5. 片方のデッキにセットしておいた楽曲を再生!次の曲にスムーズにミックス出来ます。

動画でチェック!「DDJ-FLX6のMergeFXはこんな感じ!」

スタッフが実際にMERGE FXを体験してみました。

MERGE FXで発動するエフェクト、及びサンプルの組み合わせは自由にカスタマイズができ、「Build」→「Release」→「Drop」の順で各タイミングで発動させるエフェクトとサンプルを選択していきます。プリセットも用意されており、自分好みの組み合わせを最大4つまで登録が可能です。

プロDJのようなスクラッチができるJOG CUTTER

「JOG CUTTER」は、本機から新たに搭載された新機能の一つ。プロフェッショナルDJさながらのスクラッチサウンドをクロスフェーダーに一切も触ることなく出すことが出来ます。スクラッチパターンのバリエーションも豊富で、ジョグホイールを触ったポイントによって様々なスクラッチサウンドの演奏が可能です。

各デッキセクションのジョグホイール左上に配置されている「JOG CUTTER」ボタンを押すだけでJOG CUTTERが有効になります。あとはジョグホイールを擦るだけで、まるでプロDJがプレイしているかの如くキレの良いスクラッチ演奏を行うことが出来ます。

JOG CUTTERはCUEポイント(HOT CUE)を基点にしています。ジョグホイールから手を離すと自動的にCUEの位置に戻り、楽曲がそこから再生される仕様です。

rekordbox & Serato DJ Pro 両対応

DDJ-FLX6の魅力的な特徴、それは「rekordbox」、及び「Serato DJ Pro」の両方のDJソフトウェアに対応しているという点です。前述の通り、従来までリリースされていたDJコントローラでは、それぞれ対応するDJソフトウェアが定められており、言わば使用するモデルによって使うDJソフトウェアも必然的に決まっていたようなものでした。しかし、このDDJ-FLX6ではrekordboxとSerato DJ Proの両対応となっており、別途有償ライセンスなどを購入する必要がなければ、専用のオーディオドライバーを別途インストールする必要もありません。

rekordbox、Serato DJ Proはどちらもクラブ現場でも多くのユーザーがいるソフトなので、現場や環境に合わせてソフトウェアを使い分けるということもこの一台で叶います。

なお、DDJ-FLX6はUSBバスパワーに対応。サウンドカード(オーディオインターフェイス) が内蔵されているので、付属するUSBケーブル1本をPCに挿すだけでOKです。PCの電源を入れれば、DDJ-FLX6にも電源が供給されそのまま使うことができます。

お気に入りのサウンドでクリエイティブに演奏!SAMPLE SCRATCH

DDJ-FLX6はrekordboxに新しく追加されたパッドモード、SAMPLE SCRATCHに対応しています。SAMPLERからお気に入りのサンプル音源を瞬時に呼び出し、テンポの変更、スクラッチを加えたりするなど、多彩なDJ演奏が実現します。楽曲のライブリミックスを作りたいときや、音楽にアクセントを加えたいときに最適です。また、このシステムはSerato DJ Proでも使用でき、SCRATCH BANK機能を使うことで行えます。サンプラーから再生されたサンプル音源をただ再生させるだけでなく、スクラッチサウンドとしても取り入れることが出来るのは面白いですね!

DDJ-FLX6 その他の特徴

4chミキサー

より直感的に即興でマッシュアップやスクラッチができるよう、ミキサーセクションににチャネルを4つ搭載しています。

USBバスパワーに対応

PC/MacからUSB経由で電源を供給します。

サウンドカード(オーディオインターフェイス) 内蔵

USBケーブル1本でPC/Macと接続することでDJプレイができます。

PERFORMANCE PADS搭載

HOT CUES, PAD FX, BEAT JUMP, SAMPLER, KEYBOARD, BEAT LOOP や KEY SHIFTをコントロールすることができます。

オーディオドライバのインストール不要

専用オーディオドライバをインストールする必要がないので、購入後PCを接続するだけでプレイを始めることができます。

Serato Pitch’n time DJバウチャー同梱

Serato社の Expansion Packのバウチャーコードをアクティベートすれば、クリエイティブなプレイを可能にする様々な機能を無料で利用することができます。

Serato FX Packバウチャー同梱

同梱されているSerato社のFX Packのバウチャーコードをアクティベートすれば、クリエイティブな演奏を可能にする様々なFXモード機能を無料で利用することができます。


●DDJ-FLX6 製品スペック情報

676 mm
高さ68.7 mm
奥行き345.7 mm
本体質量3.8 kg
サウンドカード24 bit/44.1 kHz
再生周波数帯域20 ~ 20000 Hz
S/N比104 dB
全高調波歪率0.004 %以下
入力端子1 MIC (1/4 inch TRS Jack)
出力端子1 MASTER (RCA)
1 BOOTH (RCA)
2 HEADPHONE MONITOR (1/4 inch Stereo Phone Jack, 3.5mm Stereo mini-jack)
USB1 USB B端子
対応ソフトウェアrekordbox
Serato DJ Pro
同梱ソフトウェアSerato Pitch ‘n Time DJ
Serato FX Pack
※ソフトウェアのシステム要件については、各種公式サイトにてご参照ください。

お買い求めはコチラ

Pioneer DJ
DDJ-FLX6

66,000円(税別)





DDJ-FLX6に関する最新記事はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る